お金を使うのを我慢するとへそくりが出来る
お金を使うのを我慢するとへそくりが出来る

へそくりで貯めたお金で買うプレゼント。

PAGETITLE
何かをプレゼントするときに、ただ物を買うのではもう物足りないと感じる時代になってきているのかもしれません。それくらい日本は豊かになりました。
物欲というか、物だけに価値を見出す時代は終わりを迎えているように思います。
大学生や20代前半くらいの若者であれば、高級ブランド品に目を輝かせている人もいるかもしれませんが、30も近くなれば、そのような人はまれになってきているのではないでしょうか。
最近では、物を持たない生き方がクールに思われているところがあるくらいです。

それでも、誕生日などの記念日には、プレゼントを贈ることも多いと思います。
そのとき、相手を喜ばすにはストーリーが必要です。
ただ、それを買ったのではなく、それを買うまでにいかに相手のことを思っていたかを示すようなストーリーが大切だと思います。

例えば、普段の生活の中で節約し、少しずつ貯めたへそくりで、プレゼントを買うとか。お金を貯めるのに要した期間が長ければ長いだけ、相手はこのプレゼントに込められた思いを感じることができるのではないかと思います。
このように、いかにプレゼントを買うまでが大変だったか、そして、その大変さを相手を思う気持ちを持って乗り越えたかが、現代には求められているのではないかと思います。
夫婦の関係も、時間が経つにつれて難しい間柄になっていくのではないかと思います。
関係を修復することが求められると思いますが、相手に自分の気持ちを伝える意味でも、このような試みは有効なのではないかと思います。
Copyright (C)2017お金を使うのを我慢するとへそくりが出来る.All rights reserved.